らくふぉと。

写真を楽しくお気楽に。

コスモスを撮る。どうやって撮りますか?2つの撮り方。

こんにちはひぃ〆です。

いよいよ10月になりましたね。

秋も少しづつ深まってきました。

紅葉にはまだまだ早いですが花で言えばコスモスが最盛期を迎えつつあります。

 

今回は2種類の撮り方でコスモスを撮ってきました。

  • 広角で画面いっぱい華やかに撮りたい
  • やっぱりマクロレンズで幻想的に撮りたい

といった感じのことを考えて撮影してみました

 

それではご覧くださいね。

X-H1 XF16-55の広角側で撮った一例

DSCF5072.jpg

個人的に非常にお気に入りの一枚です。

設定としては

16mm・F2.8・プロビア・シャープネス-2です。

 

フィルム調の柔らかい雰囲気で会心の一枚でした^^

 

DSCF5071.jpg

 

設定は同じです。

うーん構図的には先ほどの方が好きですが雰囲気は同じ感じですね。

この軟調な写りは今後も多用しようと思います。

派手さはありませんが落ち着いた写真は好みです。

 

上記2枚とも後ろに建物が写っていますが

人工物が映り込むことを嫌う方もいますよね。

私も以前は嫌っていましたが

もともとそこに建物がありそこに花が咲いていますので自然な環境のまま気にしないようになりました。

作風と考え方次第ですのでどちらでも良いかと思います^^

 

XF16-55 F2.8 55mm側で撮った作例

DSCF5070.jpg

 

今回はこの一枚だけですが

55mm側はある程度背景が整理できて撮りやすいですね。

背景の様子もわかるなだらかなボケ味が気持ちいいです。

 

点光源がある時に「年輪ボケ」が発生するレンズですので多少気を使いますが出た時は出た時で構図を考えれば問題ないでしょう^^

 

XF16-55の他の作例はこちらへ

okunotophoto.hatenablog.com

 

 

 

XF80mmを中望遠でのコスモスの作例

DSCF5133.jpg

 

F4にて撮影。ライトルームにて調整してあります。

こちらはXF80mmを中望遠として使用してみました。

前ボケ・後ろボケ・丸ボケ・コスモスのピント面の解像度を見ても素晴らしいです。

 

このレンズは以前絞り開放F2.8で撮ると口径食「レモンボケ」がでる。と書きましたが

 

okunotophoto.hatenablog.com

このような場面でも少し注意が必要です。

今まで使用してきた経験では丸ボケにしたい場合はF4に絞るがポイントです。

マクロレンズの等倍撮影・手振れ補正が不必要で

中望遠として使用するのであればXF90mm F2が理想かも。

FUJIFILM 単焦点望遠レンズ XF90mmF2 R LM WR
 

 

 

 

XF80mm近接でのコスモスの作例

DSCF5128.jpg

 

そうはいってもXF80mm F2.8はマクロレンズ

等倍まで近寄っての撮影が出来る利点があります。

上記の写真は絞り開放F2.8での撮影です。

 

丸ボケが出ない環境での撮影でしたら絞り開放でガンガン使用できます。

 

シャープなピント面と美しいボケはうっとりします。

 

コスモス撮影のまとめ

 今回はコスモス撮影でした。

広角・中望遠・マクロとそれぞれに色々な表情を見せていると思います。

風の影響を受けやすい花ですが

上から見ても下から見ても様になる素敵な花ですね。

色々なレンズで撮ってみると楽しいですよ〜

 

それではまた。

 

 

 

X-H1でカラークロームエフェクトを再現出来ないのかテスト。

こんにちはひぃ〆です。

なんとも長いタイトルです。

X-H1でカラークロームエフェクトを再現出来ないのかテスト。

カラークロームエフェクトとは?

公式サイトより見てみましょう。

fujifilm.jp

陰影のある色鮮やかな花のように、彩度が高く階調表現が難しい被写体において、従来よりも深みのある色再現、階調再現が可能です。

 fujifilm公式サイトより引用

 

公式サイトの作例を見ますと確かに赤の被写体の階調が豊かでのっぺりしていません

素晴らしい機能です。

確かに赤の花は難しい。

赤く潰れ気味で思ったような感じに取れないこともしばしばあります。

特にこの時期の彼岸花には最高の機能ではないでしょうか。

 

まぁX-H1買ったばかりでX-T3も追加できるほど資金は豊富ではありません。

あきらめましょう.......。

 

なーんて言わないのが私。

 

一目見た時から何となく考えていました。

 

C-PLフィルターの効果に似ている!!

C-PLフィルターとは?

www.kenko-tokina.co.jp

光の反射を除去して色鮮やかに写せるフィルターです。

これは試してみるしかありません。

 

とりあえず室内の造花でテストして見ましょう!!

まずは撮影環境をご確認ください。

f:id:asanokawa:20180927182503j:plain

f:id:asanokawa:20180927182436j:plain

 

撮影データ:X-H1 XF16-55 F4 SSオート WB太陽光 三脚使用 MF固定

ここまでは以下の写真における共通事項です。

 

 

 

それではC-PLなしのテスト結果からご覧ください

DSCF5029.jpg

C-PLなし プロビア

 

 

nonvel.jpg

C-PLなし ベルビア

 

 

nonasu.jpg

C-PLなし アスティア

 

 

nonclassic.jpg

C-PLなし クラシッククローム

 

 

nonete.jpg

C-PLなし エテルナ

 

 

ここからC-PLありの写真です

yesstd.jpg

C-PLあり プロビア

 

 

yesvel.jpg

C-PLあり ベルビア

 

 

yesclassic.jpg

C-PLあり クラシッククローム

 

 

yesete.jpg

C-PLあり エテルナ

 

以上がテスト結果になります。

 

えっとですね。

全く効果がわかりません!!

むしろわかる方がお出でましたらお知らせください笑

 

 

今回の反省点

テストしている時にわかったのですが

光が弱くて造花の反射がわからずC-PLの効果が視認できなかった。

太陽光などでもっと明るいところでテストするべきでした。

 

赤の被写体にもっとよって効果をわかりやすくするべきでした。

 

今回のまとめ

FUJIFILMが新しい新機能として歌っている機能は私の思いつき程度では簡単に再現出来ませんでした。当たり前か....。

 

でもまだ私は諦めておりません。

なんちゃってカラークロームエフェクトを目指して!!

 

 

 

お読み頂きありがとうございます。

それではまた^^

 

 

 

 

彼岸花。XF35F1.4。

こんにちはひぃ〆です。

ここ数年まともに撮影できていなかった彼岸花の撮影です。

 

撮影できなかった...というより苦手なんですよね。

撮り方がたくさんありすぎて構図が絞れない。

 

発想力の欠如ですね^^;

 

そんな状況でしたが今回は割と納得の撮影が出来たと思います。

今回のお供レンズはXF35mmF1.4

このブログではひょっとしたら出番が少なかったかもですが今回の撮影でやっぱり使いやすいレンズだと感じました。

DSCF4995.jpg

 

 

ピントが甘い気もしますがまぁいいでしょう(笑

 

 

DSCF5007.jpg

 

DSCF4996.jpg

 

ここまででいつも納得して撮影を終了していたのですが

今回の私は違いました。

 

 

「ゆるふわ」に撮りたい

 

 

こうドリーミーに柔らかくふんわり華やかに撮りたい。乙女ティックにロマンが止まらない写真。

 

40のオジサンはこう思ったのです。

気持ち悪いですね。

年齢・外観で写真は語れませんね。

 

では写真で。

DSCF4998.jpg

 

oh!!やわらかーい!!ですね!!

 

DSCF5005.jpg

 

実際の色合いとはかけ離れていますが

そんな忠実色ばかりの頭の固いことばかり考えていても仕方ありません。

 

写真は自由だ

 

そう考えると些細なこと考えないでもっと楽しめる気がしています。

 

もっと楽しく。簡単に。気軽に。をモットーのブログにしていこうかと考え中です。

 

どう転ぶかはわかりませんが...。

 

それではまた^^

 

 

X-H1というカメラを考え直してみる。

こんにちはひぃ〆です。

今日はおうちの周りの植物撮影に。

最近フルサイズミラーレスの発表が続いてカメラ購入妄想ばかりしていたのですが

いざX-H1を使っているとこの上なく使いやすいです。

具体的に何が使いやすいか自分なりに整理してみたいと思います。

 

  1. 持ちやすいグリップ
  2. 良く効く手ぶれ補正
  3. 十分な画素数
  4. 動画もちゃんと撮れる
  5. 豊富なフィルムシミュレーション

ざっと思いついたところでこんな感じです。

しかもですね。

ここ最近よく思っているのですが

被写体に向かってファインダーを覗きシャッターを切る。

写真を確認してふっと

「ここはこのフィルムシミュレーションだな」と瞬時に切り替えて撮影できます。

頭の中とカメラの設定がリンクしています。

こんなに撮影に集中できることはありません。

 

なんでこんな事を書くかって

物欲という名の悪魔

を追い払うためです!!

煩悩退散!!

 

さてさてそんなわけで写真を貼りましょう笑

 

DSCF4283.jpg

DSCF4286.jpg

DSCF4288.jpg

DSCF4294.jpg

 

いやーマクロレンズ楽しいです。

エテルナ・クラシッククロームを中心に淡い雰囲気に仕上げるのが最近のお気に入り。

アクロスでのモノクロ撮影の楽しさにも目覚めつつあるのでまた載せますね。

それではまた〜^^

進化とは。

こんにちはひぃ〆です。

進化。

種として生存するために環境に適応する事なのだろうか?

 

DSCF3644.jpg

 

この花?実?は一体なんだろうか。

 

グロい

 

その他の周りに生えている草花に比べて一際目立つその存在感。

毒々しい外観で外敵から身を守るための色なのだろう。

そんな事を考えながら見返した写真の中から蔵出しでした^^

 

 

DSCF3646.jpg

 

 

XF16-55mmF2.8 R LM WR 作例満載レビュー「愛」

こんにちはひぃ〆です。

いつかいつか書こうと思っていた

 

XF16-55mm F2.8 LM WR レビュー

 

しかもタイトルに「」なんてつけてしまっています。

 

何ということでしょう!!

 

他のブログでも散々紹介し尽くされておりますますが

それでも私もこのレンズについて書かなくてはなりません。

それでは暫しお付き合いください。

 

まずは公式をご覧いただくとしましょう。

フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR | 富士フイルム

「フジノンレンズXF16-55mmF2.8 R LM WR」は、35mm判換算で24mm~84mm相当の焦点距離をF2.8でカバーした「XF標準ズームレンズ」のフラッグシップモデルです。高度な光学設計により各種収差を極限まで抑えることで、ズーム全域で画面の隅々まで高い解像力を実現しました

 fujifilmより引用

f:id:asanokawa:20180904135403j:plain

f:id:asanokawa:20180904135425j:plain

FUJIFILMのレンズには「レッドバッジズームレンズ」というレンズがあります。

圧倒的な描写性能と機動力を誇る

最高級シリーズ 

 fujifilmより引用

 

XF16-55はレッドバッジ。

FUJIFILMのいうことを信じれば圧倒的に違いありません!!

 

 

 

しかし巷ではこのレンズ。

手ぶれ補正がついていない上に重いデカイと言われております。

それでは似たような焦点域のAPS-C用標準ズームと比較してみましょう。

www.nikon-image.com

755g

 

cweb.canon.jp

645g

 

  • XF-16-55

フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR : 主な仕様 | 富士フイルム

655g

 

そう!!性能比にすると特別重いわけではないのです。

 

...前置きはいいからさっさと作例を?

 

このレンズを検討されている方はスペックは大体わかっていますものね。

以前の機種X-T1時代から今のX-H1の写真まで一気にいきます。

XF16-55作例89枚行ってみましょう

DSCF1260.jpg

DSCF1315.jpg

DSCF1328.jpg

DSCF1338.jpg

DSCF1341.jpg

DSCF1344.jpg

DSCF1347.jpg

DSCF1368.jpg

DSCF1446.jpg

DSCF1473.jpg

DSCF1477.jpg

DSCF1487.jpg

DSCF1618.jpg

DSCF1648.jpg

DSCF1650.jpg

DSCF1658.jpg

DSCF1662.jpg

DSCF1674.jpg

DSCF1698.jpg

DSCF1699.jpg

DSCF1834.jpg

DSCF1885.jpg

DSCF1969.jpg

DSCF2070.jpg

DSCF2109.jpg

DSCF2433.jpg

DSCF6250.jpg

DSCF6316.jpg

DSCF6508.jpg

DSCF6593.jpg

DSCF7290.jpg

DSCF7395.jpg

DSCF7399.jpg

DSCF7420.jpg

DSCF7462.jpg

DSCF7505.jpg

DSCF7554.jpg

DSCF7559.jpg

DSCF7605.jpg

DSCF7609.jpg

DSCF8526.jpg

DSCF8709.jpg

DSCF8806.jpg

DSCF9067.jpg

 

ここからX-H1です

DSCF0104.jpg

DSCF0117.jpg

DSCF0148.jpg

DSCF0197.jpg

DSCF0226.jpg

DSCF0286.jpg

DSCF0287.jpg

DSCF0290.jpg

DSCF0295.jpg

DSCF0309.jpg

DSCF0484.jpg

DSCF0492.jpg

DSCF0532.jpg

DSCF0611.jpg

DSCF0778.jpg

DSCF0925.jpg

DSCF1001.jpg

DSCF1019.jpg

DSCF1123.jpg

DSCF1165.jpg

DSCF1176.jpg

DSCF1504.jpg

DSCF1548.jpg

DSCF1797.jpg

DSCF1852.jpg

DSCF1996.jpg

DSCF2108.jpg

DSCF2200.jpg

DSCF2201.jpg

DSCF2270.jpg

DSCF2342.jpg

DSCF2365.jpg

DSCF2372.jpg

DSCF2980.jpg

DSCF3531.jpg

DSCF3541.jpg

DSCF3558.jpg

DSCF3579.jpg

DSCF3895.jpg

DSCF3761.jpg

DSCF3621.jpg

DSCF3613.jpg

DSCF3595.jpg

DSCF3587.jpg

 

いかがでしたでしょうか?

ここまで辿り着いた方がいらっしゃるのか若干不安がありますが笑

 

まとめます

X-T1から使っていて「良いレンズだな」と思っていましたが

X-H1にしてから

化けました

ボディ内手ぶれ補正も相まって素晴らしいです。

ボディサイズとレンズサイズもベストバランスです。

作例をご覧になるとわかりますが(わかります?)

風景・スナップ・花・ポートレートまで万能です。

 

私の使用感。

24-84mmまで単焦点には敵わないが全てにおいて高い次元で描写する。

防塵防滴。早く静かなAF。

FUJIFILMにカメラを使っている限り手放しません。それは

お後がよろしいようで笑

 

 

FUJIFILM 標準ズームレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR

FUJIFILM 標準ズームレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR

 

 

緑。XF80mm。

こんにちはひぃ〆です。

今回は目に優しい(?)緑の写真達です。

使用レンズはXF80mm。

このレンズは以前レビューを書きましたが

 

 

okunotophoto.hatenablog.com

 


 

okunotophoto.hatenablog.com

 

特に最初に書いたレビュー記事は書き直さなければいけません。

購入当初と今の使っている感じが違いすぎます。

まぁリライトするか新しく書くかはそのうち考えるとして。。。

 

タイトル通りの写真にいきましょうか^^

今回は「緑」な写真ばかりです。

DSCF3707.jpg

この時期のお馴染みの被写体カエルちゃん。

今年は猛暑の影響でしょうか。

カエルちゃんが少なく感じます。

しかもこのカエルは粘っても一度もこっちをむいてくれないし。

 

DSCF3719.jpg

マクロレンズを持っていると撮りたくなるトゲトゲ。

 

DSCF3723.jpg

こちらは稲の花。

地味ですね〜

 

DSCF3714.jpg

 

これぞマクロレンズ!!

何かアンテナっぽい小さな花です。

 

さてさて今回は以上です〜^^

それではまた。