田舎写真。with FUJIFILM

FUJIFILM X-H1を持って写真撮影するブログ。

XF80mmでお散歩。

こんにちはひぃ〆です。

本業が忙しくてなかなか更新できておりません^^;

今日は夕方時間ができたのでお散歩写真をとってきました〜

相棒はXF80mm。

癖がわかってきたら楽しくなってきました!!

一段絞ってF4で撮るのがいい感じ。

どどーんと写真行きますっ

DSCF2306.jpg

 

DSCF2307.jpg

 

DSCF2312.jpg

 

DSCF2314.jpg

 

DSCF2315.jpg

DSCF2310.jpg

 

マクロレンズらしくグッと寄ってもいいですね!!

 

復活の写真。XF80mm口径食の作例あり

こんにちはひぃ〆です。

今日は久しぶりの写真です。

レンズはXF80mmです。

超強い光源太陽で遊んでみました〜^^

DSCF1952.jpg

 

思い切りフレアが出ましたね。

念のためですがそんなに逆光に弱いレンズではありませんよ。

 

DSCF1944.jpg

 

マクロレンズとして花の撮影はお手の物です!!

 

このレンズのレビューで時々目にするのが

「口径食」です。確かに絞り開放で出ます。

大口径レンズの宿命といえば宿命ですし気になる人と気にならない人がいます。

ではではみてみましょう〜

 

 

さて比較的わかりやすい作例をどうぞ

DSCF1948.jpg

絞りは開放でf2.8にて撮影。故意にピントをぼかしました。

 

画像中心は丸ですが周辺に向かって「レモンボケ」になっていますね。

 

お次は花を交えてどうぞ。

DSCF1949.jpg

f2.8にて撮影。

何となく画像周辺部のボケがレモン型になっていますね。

これをヨシとするかしないかは主観になりますね〜

好き嫌いが出そうなボケではあると思います。

私は不可ではないですが100%okとも言えないのが本音です笑

 

次は少し絞って

f5で撮影してみます

DSCF1951.jpg

 

いかがでしょうか?

ボケ量は少し減りましたが中心から周辺まで丸っぽいです。すこーしカクついている感じもしますが。

私的にはレモン型よりこちらの方が好みです。

 

さてみなさんはどう感じましたか?

でかくて重いマクロレンズですが

AFは高速で手ぶれ補正は秀逸でピント面の描写は素晴らしいと思います。

XF80mmはこちら〜

 

FUJIFILM 交換レンズ80mm XF80MMF2.8 R LM OIS WR

FUJIFILM 交換レンズ80mm XF80MMF2.8 R LM OIS WR

 

 

 

 

 

何とか復元できたか...

こんにちはひぃ〆です。

先日ご報告したHDDぶっ飛びからの復元ですが

10000枚失われてしまいました

まぁ頭が禿げる思いでしたが(実物は禿げてない)

気を取り直して仕切り直してまいります。

本日作業終了でしたのでまた明日からボチボチ写真活動再開です!!

おやすみしていました。そしてHDDが...

こんにちはひぃ〆です。

ここ一週間ほど首から肩にかけての痛みが強くブログをおやすみしていました。

やはり首や肩が痛いとカメラを首からかけるのも嫌になりますね。

こんな時はコンパクトなカメラが欲しくなります。

物欲?物欲ですよ?ボーナスも入りましたから(笑)

富士フィルムコンデジといえばやっぱり

 

 こいつです!!

正面からの画像からだとそうでもないのですが

上から斜めからの画像を見ると

超絶かっこいい。

ボーナスのほとんどは「嫁ローン」の返済に使われますので買えませんが。

首肩痛もすこーし和らいできましたのでさぁ写真再開するぞ!!

 

と思って今日Macを開いたら....

 

写真を保存している外付けHDDが死亡していました

 

どうやらHDDが回っていないようで...

幸いある程度はgoogle Driveにバックアップを撮っていたので

全滅は避けられましたがショックです〜^^;

 

早速amazonで新しいHDDを注文しましたが

 

 

クラウドからダウンロードして

新HDDに移行して

lightroomに紐つけし直さないといけないと考えると....

 

ああ新しい写真公開への道のりは険しそうです!!

それではまたお会いしましょう。(時間がかかりそう

ツバメを撮る。XF80mmでも撮れるもん。

こんにちはひぃ〆です。

タイトル通りなのですが

XF80mmでもツバメが撮れました。

DSCF1758.jpg

飛翔しているツバメじゃなくてすみません!!

 

 

 

巣に親鳥が帰ってくるところを狙い打ち(銃ではない)です。

 

 

 

DSCF1761.jpg

 

 

 

雛がアングリと口を開けて可愛いです!!

 

 

DSCF1762.jpg

 

ふむ〜はじめてマトモにツバメが撮れて私は感無量です。

 

 

さて最近XF80mmをボチボチ使っていますが最初の頃と比べて評価が変わってきました。

その話は後日に持ち越し...というわけでまた!!

夏の陽気。

こんにちはひぃ〆です。

全国各地に災害をもたらしている梅雨前線が停滞しております。

被害に遭われている方にお見舞い申し上げます。

 

 

さて

ここ石川県奥能登は今日は雲は多めですが晴れ間が覗いていました。

久しぶりに写真が撮れました。

DSCF1657.jpg

時化も収まり釣りには絶好のコンディションなのでしょうか?釣り人もちらほら。

DSCF1659.jpg

いつもの窓岩を後ろから。こちらはprovia

DSCF1662.jpg

前から。これはクラシッククローム

DSCF1665.jpg

 

青空が出ている時は富士フィルムのカメラの本領発揮です。

個人的に本当にこの青空の表現の豊かさで富士フィルムのカメラを使っています。

DSCF1670.jpg

 

写真で「青」と言ったら

オリンパスブルー

トキナーブルー

が有名所でしょうか?

以前ニコンAPS-C機を使っていた時にトキナーのレンズを使用した事があります。

確かに「鮮烈な青」が出たと記憶しております。

...と思ってLightroom内を探してみてみましたが

恥ずかしくてお見せできる写真が残っておりませんでした^^;

 

みなさんはどんな「青」が好きですか?

さて今回はここまで。

ではまた。

 

ほたる撮影。

こんにちはひぃ〆です。

今回はほたる撮影第二弾です!!

 第一弾はこちら↓

 第一弾は光跡が薄い感じで納得していませんでした〜

 

 

 

 

さてさて第二弾はどうなったでしょうか?

 

 

StarStaX_DSCF1588-DSCF1594_lighten.jpg

 

ジャジャン!!

いいんじゃないでしょうか?いいですよね?ね?

 

さてさて今回の設定は

X-H1 XF16-55 SS20秒 F2.8 ISO200

焦点距離55mm(換算83mm)にて撮影。

前回は背景をしっかり入れることに固執しすぎて肝心の蛍の光跡が小さいという

本末転倒な結果でしたので蛍にズームアップしてみました!!

 

撮影していて楽しかったのですが肝心の蛍のシーズンが終わってしましました〜

季節がうつろいまた違う表情をするから楽しいのですね。

蛍さんまた来年お会いしましょう^^

レンズはこちら

 

FUJIFILM フジノンズームレンズ XF1655F2.8R LM WR